2016年12月17日

『長崎 幻の響写真館』

 by 五月
我孫子公演でお世話になっている根本千絵さんが〔『OUF』メンバーの根本くんのお母さんでもあります〕本を出されました。『長崎  幻の響写真館』。昭和の初め長崎に16年だけあったお祖父さんの写真館だそうで、たくさんの写真とともに、千絵さんがおじさんおばさんから聞き取った家族の物語が闊達な語り口で綴られています。神田のギャラリーで写真展も開催中で、モノクロの光と影が美しい写真でした。夜はお世話になっている柏のBar619で飲んで話して。楽しかった。0A44DDBF-7D55-4858-9AEF-2FDFAD030F4D.jpg48E811BD-D60B-46BB-AFE4-FDEC7250AC2D.jpg
【五月の最新記事】
at 16:16 | Comment(2)
この記事へのコメント
きゃはは、うかさん!楽しかったね〜。連日の柏通い(うかさん日にち間違えた)お疲れさまでした。毎日、日暮里で衣装や舞台用の布地をどっさり買い付けて鹿児島に送ったんですって。馬喰町のkanzanギャラリーの写真展も行ってくださり、本の宣伝までしていただいて、ありがとうございます。こうして来年のために、冬の間、各地を廻って、耕すのですね〜。テントでも毎晩打ち上げあるけど、やはり、翌日も公演あるから、どこか緊張してるんですって。昨日は、619マスターのカクテルで、ご機嫌。どくんごの昔の話もたくさん聞けて、ほんとに楽しかったなぁ。
新潟のシノさんもうらやましがってたよ。また来てね〜。

Posted by かんからかん at 2016年12月17日 22:34
ありがとうございました。念願の619にも行けて嬉しかった!またまた〜。
Posted by 五月 at 2016年12月18日 01:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]