2010年12月22日

初めて西荻窪の駅って降りたかも〜。
夕飯はむつみ屋(これも初!)の味噌ラーメン、おいしいじゃないか〜。それから立ち飲み串揚げ屋でいっぱい〜、うまいっ。
西荻窪駅前はラーメン屋と飲み屋がたくさんあってイイ感じです。

でもご飯を食べに行った訳じゃなぁい。
サンジャックという小さなお店で行われたライブ、寺田町さん(ギター・うた)と喜多直毅さん(バイオリン)のデュオライブを聴きに行ってきました。
寺田町さんは去年今年のどくんごの芝居を観てくれてて、北海道から九州まであちこちでライブを行っている人です。
あたしは初めて観たんですが、これがスッゴク良かったよぉ!

生バイオリンって初めて聴いた(観た)けど、あんなに繊細で深く伸びやかで多彩な音が出るんだって感動した。
そんなバイオリンとギターと寺田町さんの低めのかすれ気味の声が合わさって、それはもうカッコ良くて素敵でした。
曲名わからないけど「ハレルヤの歌」と「一片の音楽」で泣いてしまいましたよ。

また機会があれば是非行きたい!です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
at 00:10 | Comment(2)
この記事へのコメント
をを、それはよかった!
芝居を気に入ってくれた、その人のやってることが素敵に感じられた時ってシアワセだよねー。
Posted by どいの at 2010年12月22日 02:12
まほさん!
先日はありがとうございました!
とてもとても、びっくり。そしてものすごくうれしかったです。
なにしろ、僕は「どくんご」そしてまほさんの大ファンですからね。
今年最後の旅を終えて、東京に戻ると、まほさんがブログに!
さらに感激して、コメントさせていただいています。
また来年の公演、楽しみにしています。
劇団員のみなさん、お身体大切になさってください。
僕も歌の旅をつづけます。
Posted by 寺田町 at 2010年12月29日 17:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]