2020年08月14日

ネコのニャー

 by 五月
ネコのニャーは年末近くから出没していた野良猫ですが、春先にどいのさんに急に懐き、今では一日中ウチで寝ています。
当初は左目がタダレ、ヨレヨレガリガリのボロ雑巾のようで、7月末頃は熱が出たり吐いたり歩けなくなったりで病院通いもしましたが、この頃は元気になり、別の猫かと思うくらい白くなりました。これなら『雪クン』と呼んでもOKじゃん!?彼は1日の90%くらい目を瞑って寝ていますが、室内に迷い込んだセミやバッタを捕まえて、全く遊ばずキレイに食べます。残飯で生きてきたのか、人間の食べ物の方が好きで、そして、よく舌をしまい忘れています。
C99CAECF-1275-4F9A-8F3F-575B4416EE5F.jpg79A3B0D8-5E52-40A6-BDD8-0C382DB6C725.jpgE271AD5D-9261-498B-A55C-A621AF86183F.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
at 17:01 | Comment(1)

2020年08月05日

皆様おひさしぶりです。どいのでございます。
前記事で五月が私どいのが入院中である旨書いています。そのへんのことをご報告します。
昨年末より胃腸の調子が思わしくなく、その後様々な経緯、様々な検査もあって、昨年手術した胃がんの残存細胞が腹腔内に増殖していることがわかりました。つまり、胃がんの再発が宣告されたということです。これが先月のことです。
不調の原因になったがん細胞をこのまま放置すれば今後も腹部あるいは別の身体部位においても健全な細胞を破壊し続けていくことになることは明らかでした。
そんなわけで、現在は抗がん剤治療を開始しています。通院での治療です。
コロナ禍が世界を覆い、日本でもいったん収束するかに思えた中、豪雨の被害が相次ぎ、さらにコロナ禍第二波に襲われ、芸能はもちろん社会生活であれコミュニケーション様式であれ、近代世界が獲得してきた常識が通用しなくなるのかもしれないそんな世界の中、わたしは私の身体の不明をバタバタと彷徨していたのでした。
再発胃がんは完治が難しく、いわゆる延命治療が中心になります。延命というとその場しのぎ的な暗いイメージになるかと思いますが、一方でそれはそれ以外の死の原因を統べる「寿命」とのいわば追いかけっこであり、いずれが死をもたらすかの問題(に過ぎない)と考えることもできます。そのような意味で私は、(いまのところ)ぜんぜん悲観的ではありません。まだまだ楽しいことに出会えるし、知らなかった厳しさや快楽を知ることもあると信じて疑っていません。
しかしながら、それは病気以前と同じ生活・仕事のスタイルを必ずそのまま続けられるということではないという覚悟は必要でしょう。寿命との追いかけっこである以上、なんらかの治療は一生続く、ということなんです。(だって治療がなくなるということは、こちらから打つ手がなくなってる、ということですからね。)
そんな中、一年のうちの大半を旅に暮らすいままでの移動テント劇場スタイルを今後も安定的に継続していけるのか、正直そこは難しくなったんじゃないのか、と考えている私がいます。じゃあどんな旅なら可能なのか、いつ頃可能なのか? それに見合ったコンテンツとはどんなものか、いやそれ以前にコロナ禍あるいはコロナ後の世界でテント芝居は生き残れるのか、、、と思いは前のめりに、千々に乱れます。
劇団どくんごは危機を好機にしてここまでやってきた、と思うのです。ですから今日の危機も必ずや好機に変えて飛躍?変貌?をつかみ取りたい、その思いは溢れています。
しかし、しかしながら、まだ私の抗がん剤治療ははじまったばかりであり、現在の療法がどれくらい私に効くのか、副作用がどの程度のものであるのか、何もわかっていないのが現状です。そんなことがぼちぼち分かって自分の身体の自由と制約の把握ができてきたらまた何か報告できるのではないかと思います。
現状の治療の進行中は屋外作業自身あまりできないのがもどかしいですが、可能な提案や発想の訓練などをしていきたいです。
そんなことで、すみません、今後ともよろしくお願いします。
・・・・・
閾日記という闘病?ブログを書いています。誰に向けての表現でもなく、表現以前、個人的な覚書、うーん、つまり日記です。読んで欲しいかと聞かれたら全然読んでほしくはないのですが(笑)、隠しているわけでもないので。。。こちらです。
2020-07-18 16.53.15.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
at 17:23 | Comment(3)

2020年07月07日

近況

 by 劇団どくんご
「この豪雨でどくんごの合宿地は大丈夫?」とあちこちからご連絡いただいております。ありがとうございます。高台でもあり、今のところ被害はありません。でも周囲では畑がダメになったり、牛舎に水や泥が流れ込んだりと大変そうです。どいのが6月半ばから入院しており、面会に通うにも仕事に行くにも、湯の鶴方向は電柱も倒れる土砂崩れで通行止め、出水方向も道路の破損が激しく、そのせいもあるのか、今夜は病院からの帰りにパンクでした。
どいのの病状についてはまた改めてご報告させていただきます。
早く雨が上がって欲しいけどまだ暫く降りそう。どうぞ皆さんご無事で。

94A471FA-C1C3-4265-B3CC-43D711BA136A.jpg
EC291B10-F1DB-461E-87D0-E7594D9D9E6B.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
at 21:37 | Comment(0)

2020年04月02日

5月3日に予定されていた、マタヒバチの鹿児島公演が、新型コロナウイルス感染拡大のため延期となりました。延期後の予定は未定です。宣伝にご協力いただいた皆様、楽しみにしていただいた皆様、申し訳ありません。残念ですが、次の機会を楽しみに待ちましょう。26844E09-CF47-45C0-9E8C-0984702091DB.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
at 10:43 | Comment(1)

2020年03月16日

マタヒバチのチラシが届きました!
マタヒバチは、京都を拠点に活動するガールズテント劇団。どくんごの京都公演を色々助けてくれる他、メンバーのみほしちゃんは2009年のどくんごツアー参加者でもあります。土曜の夜は早速チラシを持って、かごしまどくんご共和国の船倉・萩原両氏と共に、お店を回りました。
いつ行ってもとっても幸せになる珈琲と洋酒のお店『水』。店主はバーテンダースタイルも超似合いますが、テント建て応援時のスポーティルックも板についているので、どくんごの新人はいつも面くらいます。
『マドカフェ』のまどかさん。タピオカミルクティー美味しかった!
写真撮れなかったけど、やっと行けた『うげつ』!
そして『コーナーポケット』では燦燦舎ご一行が盛り上がっていてお祭りでした。
深夜の帰り道、3人で定番の『よしみ』でラーメンを食べ、腹いっぱい楽しかったー!!
AC433A09-64F6-432D-98C1-8CD0277E7D50.jpg
BD3D5237-A492-4F90-8377-D3DCEDC4DAE8.jpg
FBECA170-9AA8-40B7-BE03-A118260A6865.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加
at 15:44 | Comment(0)

2020年03月02日

タイにマッサージ修行に行っていたみやちゃんが合宿所に遊びに来たよ。
土産話とタイ式おかゆと、習いたてマッサージもしてくれて、体が随分軽くなった!!みやちゃんマッサージ向いてますねー。というわけで、タイにすっかりハマっちゃった様子のみやちゃんでした。57808E2E-E37D-43C7-B6F8-7354EEAA0939.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
at 21:03 | Comment(0)

2020年02月18日

積雪

 by どいの
昨日昼間から降り出した雪は昨晩も降り続き、今朝には積雪。
上場高原は銀世界です。
といっても積雪2cmくらいかな?
2020-02-18 12.01.17.jpg
2020-02-18 11.59.40.jpg
(ピラミッド状の構造はジェネレータをトラックに積み下ろしするためのものです。)
このエントリーをはてなブックマークに追加
at 12:59 | Comment(0)

2020年02月15日

私は就職活動や研修のドタバタが終ってルーチンワークが始まり、どいのさんは不安倶楽部業務が一段落。雨の季節がくる前にと、ニューテントの施行錯誤も始まっていて、そんな中での考え事をつらつら書いてみます。けっこう長文。
舞台・客席・天幕の高さなど、実際モノを置いて区切って空間のイメージを検討したり、違う資材や構造で建ててみたり。2人しかいなくても構造体を作るのはほんと楽しい。でもシートかけはマジ大変。ちょっとの微風でも翻弄されて超疲労!!片付けに折りたたむだけでも重くって爆笑です。
勿論二人でツアーしようと思っているわけではないので、試行錯誤中のドタバタですが、「テント劇場とは風をはらむ天幕との格闘である」ということをあらためて実感しまくりです。
 
テントツアー中、悪天候でも繰り返される屋外作業はどれも大変ですが、台風ほどでなくても、風の強い日の天幕作業は、特に集中力と心身のパワーが必要で集団力が問われます。それを力を合わせて乗り越える中で、年齢も性格も趣味も違うメンバーが仲間になるし、共同作業で培われる集団の集中とエネルギーが、どくんごの芝居の底を支えているのだろうと思います。そのことはたぶん、どういうテントに変えようと変わらないのだけれど、60歳が見えてきた私たちがテントツアーについて考える時、そこには何か重要な問題があるのかも?という気がします。テントツアーというのは、体力も経済も土地取りも制作も大変なので、長く続きにくく「テント=若気のいたり」みたいな、「パワー無くしてテント無し」みたいなとこが歴史的に(?)あるわけです。パワー押しばかりでないどくんごにしても、芝居を最終的には集団のエネルギーでまとめてきたと思うし、否否、むしろ、どくんごはストーリーがない分、芝居の終盤、役者本人の最大限のエネルギーを吐き出すように求められて、他の集団以上にエネルギッシュにやってきたと思うのです。そのあたりをどのように考えていくのか?
「どくんごの芝居は、体力のある人もない人も、どのみちギリギリまで吐き出すことを求められるのだから、ある意味平等、体力があってもなくても同じこと」と最近まで思っていたけど、甘かった!全力出し切った後の回復力が全く違うんだぁよ!!舞台上でどんなにヘロヘロになっても、翌日には声も体力も回復するならむしろお得ですけどね、ヘロヘロになり過ぎたら明日の本番もバラシも建込みも支障がでるのではツアーができない。それってどうしたらいいんだ??年をとっていくということと、テントにおける劇表現の関係やいかに? というわけで、テント構造と芝居は当然繋がっていて、ニューテント構造だけでなく芝居についても課題は大きいのです。
 
「若い人たちに徐々に代替わりしていくのかと思ってた」と言われることもあるし、若い人を増やしてベテランは後ろに引きつつ舵取りをして、というのはよくあるスタイルなのかもしれない。でもそれって何だかややこしい。結局、集団の主体と課題がぼやけたり歪んだりするだけなんじゃないか?と私は思います。会社とか、もっと目的の明確な団体なら、そういうこともしやすいのかもだけど、どくんごは商売じゃないし、業務をきちんとこなしてお客さんが入って会計的に破綻がなければとりあえず良しという世界じゃない。それはある意味営利行為よりシビアで、取り組みをおもしろがれなくなったら、メンバーも全国の受け入れも、もうやっていけない、やめるしかない。
例えば2014年(OUF)終了後に立ち上げた「2年かけて全国をまわろうプロジェクト」は、2013年くらいからようやくお客さんも入るようになり、一か所の公演日数が増え、会計的にもやっと落ち着いきて、外見的には絶好調の時期だったけど、「これを繰り返すってどういうことなんだろう?経済的に落ち着いても、『旅するどくんご』はやせ細っていくような??」といった疑問からスタートして、30か所近い新規公演地開拓をし、2年かけて全国を回るスタイルに変更した。結果2016年からの4年間、本当に豊かなツアーができたと思うけれども、会計的には綱渡りだったし、破綻解散もありうる大きな決断だった。
 
どくんごに限らず、テントツアーを支える核は、各作業や役者業への真剣な取り組み以上に、芝居・作業・メンバーとの関係・受け入れを含めたツアー全体に対する、自分の関心や違和感を検討して考える力、話し合って作り変えていく力、自分が主体となってそれに取り組む意志だろうと思う。若い人たちがどくんごの芝居とテントツアーで学べることは多いし、全国の受け入れやお客さんに育てられて、視野を広げ大きくなっていくのを見るのは嬉しいし、今後も一緒にやっていきたいと思っているけれども、一番大事な核は教えられることじゃない。
みやちゃんであれ2Bであれ、長く居た人は特に、いなくなったら寂しいし、芝居的にも作業的にもその穴を埋めるのはめっちゃ大変だけど、でも、力をつけたら外に出て、自分が動かなきゃ何も始まらないところから何かを作ってみるほうが、一番大事な力がつくんじゃないか、そう思う私がいます。もちろん別に何も作らなくたっていいし、「何か作らねば」的どくんごの呪いから自由になって、元気に暮らせたらそれが一番かもしれないけどね。
 
20代から、時間も労力もお金も兎に角テントツアーに注ぎこんできたのが「劇団どくんご」で、絶滅危惧種という話が昔あったけど、テントツアーしかしない変種というほうが近い。その長い時間の中で、たくさんの受け入れやお客さんに出会い、ともに年を重ねて生きてきたので、私の「どくんごイメージ」は劇団というよりは、受け入れや、観続けれくれるお客さんも含めた、もっと大きな生き物で、生き物であれば年もとるし、いつかは死ぬし、形を変えて変化していくのだ。というわけで、20代・30代の「大テント」、40代から15年間の「犬小屋テント」。そしてまた次の脱皮をして、テントにみんなが集う日を楽しみに、今は試行錯誤と考え事と寄り道の日々です。
728EBF8D-A0A1-4272-9D4C-FFFC905DD608.jpgC1774BE2-FA4B-47FF-880B-C175AF37FA80.jpg57A7FFF0-8E47-489F-BBB4-5405094CF8BE.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
at 22:59 | Comment(0)

2020年02月12日

まるこたぬコンサート!!

 by 劇団どくんご
鶴さん主催の『まるこたぬコンサート』を観に水俣へ。このチラシからは想像がつかないエンタメでした!!バイオリンは勿論歌も芝居?も、おっそろしくハイクオリティーで、天にも昇る心地になったり唖然としたり爆笑したり。こんな人たちがいるとは!!jinnkumiさんの歌も聴けたし、帰りは湯の鶴温泉に寄って極楽。2B7B425E-AE84-4473-ABB5-279F45334138.jpg094D188B-EF1E-4C78-B641-7E5240F9E647.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
at 00:22 | Comment(0)

2020年02月08日

今日の試作・・・

 by どいの
テント試作、ぼちぼちと進行しています。
今日の試作の様子です。
2020-02-08 11.27.30.jpg
全体に、劇場テントにかかる資材や手間を減らすこと。劇場空間を縮小すること。キャパは多少の縮小に抑えること。遮光できること(マチネが可能?)、密閉感を作り出すこと(風の演出が可能?)。一方、外を開けたときの開放感は維持すること。などが目指されてます。
完成イメージが先にあってそれを実現するための作り方が検討されるという普通の流れももちろんあるのですが、作る側にとって大きな関心事は「それを何で作るのか」という点にあります。
「作りたいものを作りたいように作ったら物量がむしろ多くなってしまった」のではダメです。ですから「〇〇で作ろう、それならこういうイメージに変更したほうがいい/こうならざるを得ない」という逆からのアプローチも必要です。
(芝居づくりだって似たことが多いです。役者や旅の有り様から芝居が条件付けられ作られていく局面の方が重要です。「作品イメージ実現のために適した役者を集める」とか考えたことも無いですし。)
今回は下部は現場用単管、上は農業用ハウス素材(これまでの楽屋テントの素材)という折衷的な・・・あくまで試作です。シートも内部空間の大きさや形状を検討するための仮のものです。
2020-02-08 11.27.57.jpg
2020-02-08 11.28.13.jpg
2020-02-08 11.28.35.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
at 23:28 | Comment(1)